現役介護福祉士が伝授!介護福祉士試験に最短で合格できる勉強法!

多くの人が間違った方法で介護福祉士試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう介護福祉士試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?


介護福祉士の年収

 

介護福祉士の年収は、普通の仕事よりも内容がきついわりには、低いと思います。

 

しばらく前まで、看護師が「3k」と言われていたように、

 

最近では介護の仕事によく使われています。

 

 

介護福祉士の年収としての具体的な数字は、職場によってかなり違いますが、

 

平均すると300〜350万円といったところでしょうか。

 

 

夜勤業務が多ければ、それなりに給料も高くなりますが、

 

夜勤は激務です。

 

 

また管理職であると、夜勤業務は少なくても、給料は高くなりますが、

 

その分、休みがほとんど取れないという環境になるようです。

 

 

介護福祉士の資格がない場合には、給料はもっと低くなりますから、

 

介護の仕事を続けるなら、介護福祉士は出来れば取得しておきたいものです。

 

 

ホームヘルパーでもかまわないのでは?という人もいますが、

 

ホームヘルパーは、民間資格ですから、ゆくゆくは消滅してしまうかも、

 

と言われています。

 

 

介護福祉士は国家資格ですから、

 

取得しておけば、消滅ということはありません。

 

 

介護福祉士を持っていても、給料は低いよ、という人は私を含めて多いですが、

 

この仕事は、やりがいがとても大きいのです。

 

 

やりがいがものすごくあるのです。

 

どんなに大変でも、お年寄りの笑顔を見ると、

 

疲れを忘れてしまうのです。

 

 

これからますます高齢者の割合が高くなることは、確実ですから、

 

介護福祉士が活躍する場や、介護福祉士の待遇面も

 

少しずつ改正されていくのではないかと期待しています。

 


太陽光発電光熱費