現役介護福祉士が伝授!介護福祉士試験に最短で合格できる勉強法!

多くの人が間違った方法で介護福祉士試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう介護福祉士試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?


介護福祉士の試験について

 

介護福祉士の国家試験は、毎年1回行われています。

 

学科試験と実技試験の2つがあり、学科試験に合格した人だけが、

 

実技試験に挑戦することになります。

 

 

最近では、介護福祉士の受験申し込みの際に、

 

介護技術講習の申請をすると、

 

実技試験が免除される仕組みになっています。

 

 

介護技術講習は、人数に限りがあるので、

 

希望する人は、早めに申し込むことが大切です。

 

 

そして、介護技術講習は、講習を受ければいいというものではなくて、

 

一定以上の評価をされなければ、免除が認められません。

 

 

ただし、一度免除されれば、例え介護福祉士の学科試験に不合格でも、

 

次の学科試験まで、有効となるようです。

 

 

介護技術講習は、かなり内容も充実していて、

 

働きながら介護福祉士の勉強をしている場合には、

 

とてもありがたいものでしょう。

 

 

介護技術講習は、どちらかというと、

 

高齢者施設などでの実務経験が、長い人に向いています。

 

 

これは、長年介護の仕事をしていると、

 

つい自分なりの介護技術ができあがってしまって、

 

基礎的な技術がかけているケースがあるからでしょう。

 

 

言葉がけや基本的な技術も、自己流になってしまうために、

 

実技試験に合格することが難しいのが現状です。

 

 

実技試験も大切ですが、なんと言っても最初の学科試験に合格しないことには、

 

次のステップには進めませんから、まずは学科試験に力を入れましょう。

 

 

難しい言葉がたくさん出てきますが、

 

少しずつ覚えていけば心配はいりませんよ。

 


太陽光発電光熱費