現役介護福祉士が伝授!介護福祉士試験に最短で合格できる勉強法!

多くの人が間違った方法で介護福祉士試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう介護福祉士試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?


介護福祉士の学科試験内容

 

介護福祉士の試験には、学科と実技がありますが、学科試験に合格しなければ、

 

実技試験が受けられないことから、まずは学科試験の勉強が優先されます。

 

 

介護福祉士の学科試験には、老人福祉論、介護概論、社会福祉論、

 

社会福祉援助技術、医学一般、老人・障害者の心理、精神保健、

 

家政学概論などがあります。

 

 

全部で13科目ありますから、勉強は大変だと思うのは当たり前です。

 

実技試験は、申請によっては免除されるのですが、学科に関しては、

 

免除がありませんから、なんとしても自分の力で乗り切らなくてはなりません。

 

 

しかも、学科があまりに専門的で、教科書を開いただけで

 

目を閉じてしまいそうになるのは、私だけではないはずです。

 

 

ですが、この学科試験も、コツをつかんで勉強すれば、大丈夫です!!

 

それにはまず、全部覚えようとしないことです。

 

 

ちょっと話は違いますが、例えば、携帯電話を購入して、

 

その取扱説明書を、最初から全部目を通しますか?

 

 

恐らく、一番覚えなければならないところから読んでいくでしょう。

 

介護福祉士の試験勉強も、それと同じです。

 

 

特に、自分の苦手な分野については、教科書を最初から読むのではなく、

 

問題集を使って、重要なポイントをかいつまんで覚えることが大切です。

 

 

学科試験は、いかに多くの問題をこなすかが、

 

合格への近道です。

 

 

教科書を読むだけでなく、どこまで理解しているかを、

 

確認するために問題集を活用しましょう。

 


太陽光発電光熱費