現役介護福祉士が伝授!介護福祉士試験に最短で合格できる勉強法!

多くの人が間違った方法で介護福祉士試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう介護福祉士試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?


介護福祉士の実技試験内容

 

介護福祉士の実技試験は、当日までその内容が発表されませんから、

 

試験会場でドキドキの連続です。

 

 

試験問題を見た途端、頭が真っ白になる人がほとんどで、

 

どうやって試験を受けたか、覚えていないケースも多いのです。

 

 

普段の介護をしていれば大丈夫と自分に言い聞かせても、

 

緊張すると、うまくいかないこともよくあるのです。

 

 

介護福祉士の実技試験は、排泄に関するものや、

 

移動介助、食事介助など、

 

一つの動作に関することが多く出題されます。

 

 

メインの介護技術が、どれだけ安全に提供できたかが、

 

合格の基準となります。

 

 

私は、試験官の経験はありませんが、介護福祉士の実技試験では、

 

減点法を用いて、採点されると聞いたことがあります。

 

 

つまり、絶対にやってはならないことをしない限りは、

 

大きな減点はないはずです。

 

 

大きな減点とは、利用者に危険な介助をしてしまうことで、

 

いかに安全に技術を提供できるかが、大切なのです。

 

 

利用者に不安を与えない言葉がけや、介助の説明をして同意を得るなど、

 

当たり前のことができていれば、大丈夫でしょう。

 

 

実務経験が長いと、言葉遣いが減点の対象になるケースが多いので、

 

普段から、丁寧な言葉がけを心がけましょうね。

 

 

介護福祉士の実技試験は、過去の実技試験問題の

 

模範解答をよく把握しておきましょう。

 

 

実技試験に完璧な正解はありませんから、

 

自分だったらどうして欲しいかを頭において、取り組むといいでしょう。

 


太陽光発電光熱費