現役介護福祉士が伝授!介護福祉士試験に最短で合格できる勉強法!

多くの人が間違った方法で介護福祉士試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう介護福祉士試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?


介護福祉士の学科試験のポイント

 

介護福祉士の学科試験は、13科目もありますから、

 

それを全部完璧に覚えるのは、ほとんど無理といってもいいでしょう。

 

 

覚えることができる人もいるとは思いますが、いざ試験が始まると、

 

頭の中が真っ白になる場合もありますね。

 

 

しっかりと勉強した部分が出題されれば、それはラッキーなのですが、

 

そうでなかった時は、次のような手順で問題を解いていきましょう。

 

 

介護福祉士の学科試験は、マークシートで回答します。

 

ですから、わかる部分から手をつけていきましょう。

 

 

少しでも悩むようであれば、それは保留にしておいて、

 

まずは確実に答えられる問題を、クリアーするのです。

 

 

介護福祉士の学科試験の問題数は、ケアマネージャーなどに比べると、

 

少なめなので、1問に使える時間はかなりあります。

 

 

ですが、それに気を取られていては、全体で点数を稼ぐことが出来ませんから、

 

わかる問題は確実に答え、その後で保留していた部分に取り掛かりましょう。

 

 

問題の解き方は、消去法が便利です。

 

これはあきらかに違うだろうと思うものを、つぶしていって、

 

最後に残ったものを正解とする方法です。

 

 

また、問題文をよく読むことも大切です。

 

文章の最後の部分で、どんでんがえしがあることも考えられますから、

 

少し文章を読んだだけで、勝手に解釈するのは避けましょう。

 

 

介護福祉士の学科試験は、結構ひっかけもありますから、

 

注意しなければなりません。

 

 

合格率の高い試験というのは、

 

ちょっと性格の悪い問題が存在するのです(笑)。

 


太陽光発電光熱費