現役介護福祉士が伝授!介護福祉士試験に最短で合格できる勉強法!

多くの人が間違った方法で介護福祉士試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう介護福祉士試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?


介護福祉士試験の難易度

 

介護福祉士の国家試験は、国家試験の中では比較的簡単だと言われています。

 

これは、合格率が約50%であることからですが、

 

だからといって、介護福祉士の試験が簡単だとは思いません。

 

 

確かに、介護福祉士の学科試験は、全てが選択形式ですから、

 

どうしてもわからない時には、運次第ということも無きにしも非ずです。

 

 

ですが、介護福祉士の学科試験は、どれか一つでも無得点であれば、

 

総合得点が高くても、不合格となります。

 

 

得意分野だけを頑張っても、苦手な分野で得点を取れなければ、

 

合格は難しいかもしれませんね。

 

 

また、せっかく学科試験に合格しても、実技試験に合格できない場合には、

 

翌年にまた学科試験も受けなくてはなりません。

 

 

しかも、介護福祉士の実技試験の場合には、

 

当日まで問題が発表されないということに加え、

 

試験時間はたったの5分です。

 

 

この5分で与えられた技術の提供を行えなければ、

 

不合格となるのです。

 

 

介護福祉士の実技試験は、極度の緊張感の中で、

 

いかに利用者に安全な介護技術を提供できるかがポイントです。

 

 

最近では、実技試験の免除申請をして、

 

その猶予期間に学科試験に合格する、

 

という新たな介護福祉士の受験方法もあります。

 

 

介護福祉士の学科試験は自信があるけれど、

 

実技は全く自信がない、という人は、

 

受験の申し込みの時に免除申請をして、

 

講習を受けるといいでしょう。

 

 

ただし、その講習も、きちんと成果を出して、修了しなければ、

 

実技試験の免除にはいたらないので、心しておきましょう。

 


太陽光発電光熱費