現役介護福祉士が伝授!介護福祉士試験に最短で合格できる勉強法!

多くの人が間違った方法で介護福祉士試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう介護福祉士試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?


介護福祉士試験の受験科目

 

介護福祉士試験の受験科目は、全部で13教科あります。

 

老人福祉論や、介護概論、社会福祉概論、社会援助技術、介護技術、

 

形態別介護技術、障害者福祉論などの、介護の専門的な内容はもちろん、

 

医学一般やリハビリテーション論、精神保健、老人・障害者の心理、

 

家政学概論のような、あまり介護とは関係のなさそうな分野まで勉強することになります。

 

 

「私は医者を目指しているわけではないから、医学一般なんて知らなくていい」と、

 

思うのもわかりますが、ある程度広い知識が、介護福祉士には求められますので、

 

きちんと勉強してください、というのが受験科目にある理由のようです。

 

 

私は介護福祉士の専門学校に通い2年間、

 

実習と勉強をして資格を取得しました。

 

 

授業では、かなり専門的な内容が多く、戸惑いも多かったのですが、

 

実際に就職した際には、こういった知識は、介護福祉士には必要だと感じました。

 

 

介護福祉士は、お年寄りなどの弱い立場の人のお世話をするのが仕事です。

 

そのためには、周りの職種との連携がとても大切で、

 

ある程度の知識を持っていなければ、対等に意見を交わすことも出来ません。

 

 

介護福祉士の受験勉強中には、必要のなさそうな知識でも、いざ仕事を始めると、

 

こういった知識は、少しでも多く持っていたほうが良い仕事ができるのです。

 

 

介護福祉士の試験に合格するための勉強ですが、

 

良い仕事をするための勉強だと思えば、

 

よしやるぞ!!という気持ちになりますよ。

 


太陽光発電光熱費