現役介護福祉士が伝授!介護福祉士試験に最短で合格できる勉強法!

多くの人が間違った方法で介護福祉士試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう介護福祉士試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?


介護福祉士試験科目:老人福祉論

 

介護福祉士の試験科目に、老人福祉論があります。

 

老人福祉論は、介護福祉士試験の中でも、範囲が広く、

 

法律関係の問題も出題されるので、苦手だという人が多いのです。

 

 

確かに、介護保険に関する問題も毎年出題され、

 

勉強する範囲がとても広くなったので、覚えることも多くなりました。

 

 

しかも、このところ高齢者医療や介護保険に関する

 

制度の見直しも行われていますから、

 

これに関しては、新しい情報を常に頭に入れておくことが大切です。

 

 

介護福祉士は、介護のことだけ知っていればいいと思っていても、

 

高齢者に関する問題や、高齢者の生活環境のことまで、

 

試験問題には出題されます。

 

 

ですから、老人福祉論に関しては、介護保険を中心に、

 

提供されるサービスや、人員配置などを覚えるといいでしょう。

 

 

法律の見直しがされているということは、ここ数年のデータのような、

 

正確な数値を求める問題は、出題される可能性が低くなりますから、

 

浅く広く覚えることがポイントだと言えます。

 

 

介護保険に関しては、介護福祉士の試験勉強だけでなく、

 

介護の仕事をする上では、必要な知識でもありますから、

 

そう思って普段から勉強しておくのも大切です。

 

 

介護福祉士の受験科目の中では、範囲が広い分野ですから、

 

数多くの問題を解くことで、勉強も進むでしょう。

 

 

老人福祉論と聞くだけで、拒否反応がでる人もいるようですが、

 

出題傾向は介護保険が中心ですから、

 

それに的を絞って勉強すれば大丈夫ですよ。

 


太陽光発電光熱費