現役介護福祉士が伝授!介護福祉士試験に最短で合格できる勉強法!

多くの人が間違った方法で介護福祉士試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう介護福祉士試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?


介護福祉士試験科目:社会福祉概論

 

介護福祉士の試験科目に、社会福祉概論がありますね。

 

社会福祉概論は、介護福祉士法を始め、

 

介護保険法や障害者自立支援法などの、

 

法律関係の出題が多く、老人福祉論と並んで、

 

問題数が多くなる分野です。

 

 

中でも、介護福祉士法は、出題される傾向が強く、

 

条文や内容をよく把握しておくことが重要です。

 

 

介護福祉士の試験ですから、介護福祉士法については、

 

一番先に勉強するべきなのかもしれませんね。

 

 

また、社会福祉という言葉の歴史や、法律が整った年代なども、

 

これまでの介護福祉士の試験には度々出題されていますから、

 

問題集などでよく出題されているものは、覚えておきましょう。

 

 

社会福祉概論という難しそうな言葉が、

 

勉強しようという前向きな気持ちを、

 

抑えてしまいそうですが、ここが正念場です。

 

 

しかも、試験問題の文章は、難しい言葉が多く、

 

見ただけで断念してしまいそうになりがちです。

 

 

ですが、問題文を落ち着いて読んでみると、実は当たり前のことだったり、

 

ちょっと考えればすぐにわかることだったりしますから、

 

文章の難しさに惑わされないことも大切なのです。

 

 

社会福祉概論は、介護福祉士試験の問題集をとにかくこなし、

 

出題傾向などもあわせて勉強するのがいいでしょう。

 

 

介護福祉士ではありますが、障害者に関する問題も多いので、

 

教科書を読むよりは、実際の問題に挑戦する方が覚えやすいかもしれません。

 


太陽光発電光熱費