現役介護福祉士が伝授!介護福祉士試験に最短で合格できる勉強法!

多くの人が間違った方法で介護福祉士試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう介護福祉士試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?


介護福祉士試験科目:介護概論

 

介護福祉士の試験科目の介護概論ですが、

 

これは、「介護福祉士の心構え」と考えればいいでしょう。

 

介護福祉士として、どんな人にどのようなサービスを提供するのか、といった、

 

介護技術などと合わせて勉強すると、わかりやすいかもしれません。

 

 

実際の介護福祉士の試験問題としても、

 

介護技術と合わせたものがよく出題されますから、

 

覚えやすい教科ともいえます。

 

 

また、最近新聞などでも話題になっている、認知症についても、

 

介護概論で出題されるケースが多くなっています。

 

 

また、介護福祉士だけでなく、

 

他の職種との連携も、介護概論の分野です。

 

 

実際に介護職員として働いている人の場合には、

 

意外と得意分野かもしれません。

 

だからといって、勉強しなくても大丈夫というわけではありませんよ。

 

 

介護福祉士の試験では、5つの問題から1つを選択する方式になっていますから、

 

まずは問題文をよく読むことです。

 

 

特に、介護概論は、問題をしっかりと読めば、

 

当てはまらないものを消去しやすいので、

 

点数が稼げる分野でもあるのです。

 

 

介護福祉士の学科試験は、全体の約6割の正解で、

 

合格ラインに達するとのことですから、点数を取れる得意分野で、

 

いかに正解するかが大きなポイントです。

 

 

介護福祉士として、というよりは、

 

人間としてどうするべきか、というような問題も、

 

介護概論では出題されやすいですから、

 

一見難しいと感じても、よく問題を読めば解決できますよ。

 


太陽光発電光熱費