現役介護福祉士が伝授!介護福祉士試験に最短で合格できる勉強法!

多くの人が間違った方法で介護福祉士試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう介護福祉士試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?


介護福祉士試験科目:介護技術

 

介護福祉士の試験の中で、介護技術は、

 

働いている人には、難関分野かもしれません。

 

 

実際に働いているのだから、一番簡単な分野と思われがちですが、

 

介護福祉士の試験には、介護技術の基本が中心に出題されます。

 

 

ですから、現在の職場で、どれだけ基本に忠実な介護が出来ているかで、

 

取れる点数に大きな差が出るのです。

 

 

ここだけの話ですが、介護福祉士の試験問題として出題される介護技術を、

 

普段の業務でどこまで生かせるかは、職場によってかなり差があるはずです。

 

 

自分の介護技術に自信があっても、

 

実際に介護福祉士の試験問題として出題されると、

 

全くわからない、という人も多いのです。

 

 

正直なところ、日々の業務に追われていて、基本というよりは、

 

早くこなす方法を身につけてしまっているのが現状です。

 

 

そこで、介護福祉士の試験問題として、介護技術を勉強するのではなく、

 

自分のスキルアップのために勉強すると、覚えやすいでしょう。

 

 

自分の職場のお年寄りを想像して、その人への介護の方法を、

 

考えながら勉強すると、スムーズに覚えられるという人もいます。

 

 

また、介護福祉士の試験では、介護概論や障害別介護と、

 

あわせて出題されることが多いので、勉強も一緒にしておくとわかりやすいです。

 

 

食事や排泄、入浴といった、

 

介護には欠かせない基本を叩き込むことがベストです。

 

 

介護福祉士の試験を受ける仲間同士で、

 

仕事中にも勉強できる教科と言えます。

 


太陽光発電光熱費