現役介護福祉士が伝授!介護福祉士試験に最短で合格できる勉強法!

多くの人が間違った方法で介護福祉士試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう介護福祉士試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?


介護福祉士試験科目:障害形態別介護技術

 

介護福祉士の試験科目で、介護技術にあわせて、

 

医学的な知識も必要とされるのが、この障害形態別介護技術です。

 

 

例えば、視覚障害者や、聴覚障害者への基本的な介護技術、

 

認知症高齢者への介護など、普段から職場で仕事として

 

行っている事が出題されます。

 

 

介護技術同様、基本に忠実であるというのが、大きなポイントで、

 

そこに医学的な知識がプラスされますから、介護福祉士の試験のためだけでなく、

 

自分の技術向上のためにも覚えておくことは重要でしょう。

 

 

介護福祉士の試験問題としては、内部障害や、

 

難聴、運動機能障害に関したものが、出題される傾向にあります。

 

 

ただし、出題範囲が広いので、この教科は問題集をフルに活用して、

 

出題傾向をつかむといいでしょう。

 

 

これも介護技術と同じく、自分の職場にいる

 

お年寄りを思い浮かべて勉強すると、

 

スムーズに覚えられます。

 

 

介護福祉士の勉強をしていたが、これまでの自分の介護技術が、

 

基本に忠実でなかったとわかり、それだけでもよかったという人もいます。

 

もちろん、試験に合格するのも、大切ですけどね。

 

 

障害形態別介護技術は、難しい感じがしますが、

 

要は介護技術のより詳しい内容です。

 

介護技術と合わせて勉強をすれば、覚えやすいでしょう。

 

 

かえってこの障害形態別介護技術は、

 

他の教科よりも勉強しやすいというのが、

 

介護福祉士を受験する人の意見のようです。

 


太陽光発電光熱費