現役介護福祉士が伝授!介護福祉士試験に最短で合格できる勉強法!

多くの人が間違った方法で介護福祉士試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう介護福祉士試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?


介護福祉士試験科目:障害者福祉論、リハビリテーション論

 

介護福祉士の試験科目で、障害者福祉論とリハビリテーション論は、

 

あわせて勉強するのがお勧めです。

 

 

障害者福祉論は、介護福祉士の試験の中で、

 

比較的問題数が少ないので、

 

障害者自立支援法などを中心に勉強するといいでしょう。

 

 

ここ数年の介護福祉士の試験問題でも、障害者自立支援法については、

 

出題される可能性が高くなっています。

 

 

問題数が少ないというのは、勉強する側にとっては、

 

非常にやりにくいものです。

 

 

介護福祉士の試験は、1教科でも無得点であると、

 

全体的な得点が良くても、不合格となりますから、

 

出題傾向をつかむことが大切です。

 

 

また、リハビリテーション論は、廃用症候群や、障害の定義などについて、

 

出題される傾向があるようです。

 

 

特に、廃用症候群は、リハビリテーション論だけでなく、

 

他の教科でも出題されることがありますから、詳しく勉強しておきましょう。

 

 

廃用症候群の症状や、原因、それに必要な介護技術も合わせて覚えると、

 

試験問題も答えやすいと思われます。

 

 

また、最近の傾向としては、

 

介護保険と関連した内容も多く出題されています。

 

 

介護保険は、どの教科にも関係していることなので、

 

介護福祉士の試験勉強では、欠かせない内容です。

 

 

介護福祉士の試験科目は、専門的なものも多いですが、

 

知識として身につけておくべきものがほとんどなので、

 

勉強するだけでなく、仕事の中で生かしていくと、

 

覚えやすいかもしれませんよ。

 


太陽光発電光熱費