現役介護福祉士が伝授!介護福祉士試験に最短で合格できる勉強法!

多くの人が間違った方法で介護福祉士試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう介護福祉士試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?


介護福祉士試験科目:社会福祉援助技術

 

介護福祉士の試験で、社会福祉援助技術と言われると、

 

「なんじゃそれは」と、思う人も多いでしょう。

 

実際、私もそうでした(笑)。

 

 

ですが、介護福祉士の試験教科で、

 

社会福祉援助技術は、事例問題が3問出題されるために、

 

かなり点数を取りやすい教科なのです。

 

 

事例問題は、そのほとんどが、よく問題文を読めば理解でき、

 

しかも、人間として当たり前の考えができていれば、

 

正解できるようになっているので、文章よく読むことが大切です。

 

 

ただし、注意しなければならないのは、

 

社会福祉援助技術の基本的な考え方に、忠実に答えることです。

 

 

介護の経験が長ければ長いほど、

 

その経験に則って答えを出してしまうので、

 

受容や傾聴などの基本を忘れずに答えをだしましょう。

 

 

時々、引っ掛け問題のようになっていて、

 

片仮名や英語を多く使うこともあります。

 

 

社会福祉援助技術は、元々アメリカで使われていた技法を、

 

日本にも取り入れたので、英語での説明文がある場合があるのです。

 

 

介護福祉士の試験問題をチラッと見たときに、

 

そういった言葉が使われていると、

 

苦手意識が生まれそうですが、

 

よく読めば大丈夫ですから、慌てないことです。

 

 

専門用語が苦手な人は、介護福祉士の試験勉強の時に、

 

一緒に覚えてしまいましょう。

 

 

また、最近の傾向として、高齢者への虐待も、

 

社会福祉援助技術の試験問題に取り入れられることが多いので、

 

対応の仕方などを、普段の業務の中でも学んでおくといいでしょう。

 


太陽光発電光熱費