現役介護福祉士が伝授!介護福祉士試験に最短で合格できる勉強法!

多くの人が間違った方法で介護福祉士試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう介護福祉士試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?


介護福祉士試験科目:老人・障害者の心理

 

介護福祉士は、その対象者である老人や障害者の気持ちを、

 

より理解することが必要です。

 

そのために、介護福祉士の試験教科に、

 

この老人・障害者の心理が含まれているのです。

 

 

心理というと、なんだか専門的で、難しく考えがちですが、

 

年を重ねることで起こる、心の変化などを読み取るための勉強と思うといいでしょう。

 

 

もちろん、ちょっと専門的な内容も中にはありますが、それはあっさりと覚えて、

 

加齢による心身の変化を中心に勉強しましょう。

 

 

特に、認知症については、介護福祉士の試験教科でもある、

 

精神保健や医学一般でも、出題される傾向がありますから、

 

症状の進行と共に、精神的にどんな変化が起こるかを、把握しておきましょう。

 

 

認知症がもたらす行動や、精神的な不安はどんなもので、

 

それについて介護福祉士は、どんな援助をすればいいのかなど、

 

これは普段の業務の中で経験済みでしょうから、

 

それに当てはめて回答すればいいでしょう。

 

 

また、障害者については、障害の種類の特徴や、

 

それに対応する介護の方法などが、試験問題として出題されるようです。

 

 

障害者と高齢者は違う、というイメージがありますが、

 

高齢者特有の病気が原因で障害を持ってしまう人も多いのですから、

 

障害についても介護福祉士としての知識が求められるわけです。

 

 

高齢者や障害者の心理を読み取り、理解することが、

 

介護福祉士には欠かせない、資質の一つでもあるのです。

 


太陽光発電光熱費