現役介護福祉士が伝授!介護福祉士試験に最短で合格できる勉強法!

多くの人が間違った方法で介護福祉士試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう介護福祉士試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?


介護福祉士試験科目:家政学概論、レクリエーション活動援助法

 

介護福祉士の試験教科の家政学概論は、家庭科と同じと思って

 

あまり真剣に勉強しないと考えてはいませんか。

 

 

確かに、衣食住に関する問題が、

 

家政学概論には出題されます。

 

 

ですが、あなたの家政学に関する知識は、

 

本当に正しいのでしょうか。

 

 

例えば、衣類の洗濯をする場合、

 

素材や洗濯方法に忠実に行っていますか?

 

 

私は、何でも洗濯機に入れてしまう方でしたから、

 

介護福祉士の勉強で、こういった問題を解いた時に、

 

真っ先に不正解でした(笑)。

 

 

家事というのは、どうしても自己流になりがちです。

 

食品の賞味期限や消費期限の違い、正しい調理法など、

 

きちんと勉強して、家事を行っている人は、意外に少ないものです。

 

 

ですから、介護福祉士の試験勉強に、

 

家政学概論は後回しでいい、というのではなく、

 

家事をする時に一緒に勉強するのがポイントです。

 

 

そして、レクリエーション活動援助法ですが、

 

これは、「レクリエーション=遊び」という、

 

昔の考えは捨てなくてはいけません。

 

 

現在のレクリエーションは、

 

介護予防や、社会参加という役割を持っています。

 

 

それをどういった形で、一人一人に合わせた援助を行うかが、

 

介護福祉士には、必要な知識となっています。

 

 

介護保険の中でも、レクリエーションの持つ役割は大きいので、

 

生活を豊かにするためのレクリエーションは何か、どんな援助方法があるか、

 

そして、介護福祉士としての働きかけはどうするのかなど、

 

考えながら勉強するといいでしょう。

 


太陽光発電光熱費