現役介護福祉士が伝授!介護福祉士試験に最短で合格できる勉強法!

多くの人が間違った方法で介護福祉士試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう介護福祉士試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?


介護福祉士の職場

 

介護福祉士の活躍する職場には、高齢者施設や、社会福祉施設、

 

障がい者施設などがあります。

 

あなたがまず思い浮かべるのは、介護老人福祉施設かもしれませんね。

 

 

介護老人福祉施設は、特別養護老人ホームなどの入所施設です。

 

入所されているお年寄りに、食事や入浴、排泄などの介助を行うことになります。

 

 

福祉施設というのは、地方自治体の福祉事務所や、社会福祉協議会などがあります。

 

そこで、相談業務や、地域との連携をはかるのが主な仕事です。

 

 

福祉施設では、実際の介護ではなく、サービスの提供の計画を立て、

 

家族との連携を図ることが多いので、介護業務を希望するのであれば、

 

別の職場を選んだほうがいいでしょう。

 

 

介護保険が導入されてからは、介護福祉士の専門性が非常に重要となり、

 

法律の知識も必要となっています。

 

 

介護福祉士の経験を経て、介護支援専門員の資格を取得する人も多く、

 

介護福祉士が活躍する職場は、どんどん範囲が広がっているのです。

 

 

ただし、活躍するには、それ相応の知識が必要で、介護支援専門員でなくても、

 

介護保険に関する必要最低限の知識は、もっていなければなりません。

 

 

「私は、実際の介護だけでいい」という気持ちでいても、

 

家族から何か相談されたときに、「わかりません」と答えたのでは、

 

良い信頼関係も崩れてしまいます。

 

 

介護福祉士の職場の拡大と共に、

 

自分の知識もどんどん広げていきましょう。

 


太陽光発電光熱費