現役介護福祉士が伝授!介護福祉士試験に最短で合格できる勉強法!

多くの人が間違った方法で介護福祉士試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう介護福祉士試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?


介護福祉士試験科目:医学一般、精神保健

 

介護福祉士は、医学の知識は必要ないのでは、と考える人も少なくありません。

 

確かに、医学に関しては、看護師や医師に任せておけば安心ですが、

 

介護福祉士は、介護を必要としている人の些細な変化に気づくというのが、

 

とても大切な仕事です。

 

 

普段の様子と比べて、違うところを見つけ、それを医学の専門家に託すのと、

 

変化に気づかず、重篤な状態になってしまってからでは、

 

大きな違いがあるのは明らかです。

 

 

人間の体の仕組みや、高齢者に起こりやすい疾患など、

 

初期症状も含めて、詳しく勉強しましょう。

 

 

また、高齢者に起こりやすい、消化器系の疾患や、排便・排尿に関しても、

 

介護福祉士の試験には出題されやすい問題です。

 

 

毎日の業務の中でも、関係している分野ですから、教科書だけでなく、

 

仕事をしながら覚えられることもたくさんあるはずです。

 

 

あまりに難しい場合には、

 

職場の看護師に相談してもいいでしょう。

 

 

そして、精神保健ですが、

 

介護福祉士は、精神障害にも詳しくなければなりません。

 

 

認知症を始め、うつなど、

 

最近ではこういった精神疾患の高齢者が多いからです。

 

 

精神疾患のある人に対する、介護福祉士の対応はどういった方法があるか、

 

アルツハイマーや脳血管性といった認知症の、それぞれの特徴をつかむなど、

 

具体的な精神疾患についての知識も重要です。

 

 

代表的な症状についての問題もよく出題されますので、

 

覚えておくと安心です。

 


太陽光発電光熱費