現役介護福祉士が伝授!介護福祉士試験に最短で合格できる勉強法!

多くの人が間違った方法で介護福祉士試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう介護福祉士試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?


Q:介護福祉士の試験内容について教えてください

 

A:介護福祉士の試験は、学科と実技の2つがあります。

 

学科試験は13教科あり、全体の正解数が6割以上で合格となるようです。

 

 

6割と言っても、その年によって若干割合が違いますから、

 

安全な正解率は7割と考えておきましょう。

 

 

また、介護福祉士の学科試験は、

 

1つの教科でも無得点のものがあれば、不合格となります。

 

 

教科数は多いですが、できるだけ広く浅く勉強して、

 

点数を取ることが大切です。

 

 

そして、自分の得意とする教科は、

 

取りこぼしのないようにしましょう。

 

 

介護福祉士の学科試験に合格すると、次は実技試験です。

 

実技試験は、申請によっては免除されるケースもありますが、

 

人数に制限があります。

 

 

介護技術講習を受けるのですが、これも内容は厳しく、

 

一定のレベルまで到達しなければ、

 

本来の実技試験を受けることになるのです。

 

 

介護福祉士の実技試験は、問題は当日まで明かされません。

 

しかも試験時間は5分で、その時間内に与えられた課題を

 

こなさなくてはならないのです。

 

 

自分が普段行っている介護業務が、この場面ででることになりますから、

 

基本に忠実な介護を心がけることが大切です。

 

 

いずれにせよ、介護福祉士の試験は、

 

学科試験に合格しないと次には進めません。

 

 

ですから、まずは学科試験に力を入れて、

 

クリアーすることが重要なのです。

 

 

介護福祉士の試験は、毎年1月に行われていますから、

 

それに向けて勉強を進めるといいですよ。

 


太陽光発電光熱費