現役介護福祉士が伝授!介護福祉士試験に最短で合格できる勉強法!

多くの人が間違った方法で介護福祉士試験の勉強をしているのはご存知でしょうか?


資格試験に限らず、あらゆる試験に最小限の努力で
一発合格できる勉強法があります。


しかも仕事をしていて勉強時間が少ない人でも1日数時間程度あれば十分です。


もう介護福祉士試験のために無駄なお金と時間を使うのは止めにしませんか?


多くの難関と言われる試験に一発合格するための「特別な方法」とは?


Q:介護福祉士の過去の試験問題は解いた方がいい?

 

A:これはイエスです。

 

介護福祉士の国家試験が始まって、既に21回になりますが、

 

各教科によって、出題傾向が違います。

 

 

今年の介護福祉士の学科試験は、どこだろうと、

 

ヤマを張って勉強する人もいるかもしれませんが、それは無謀です。

 

 

介護福祉士の過去の試験問題を、しっかりと解くことで、

 

重要なポイントや、その教科ごとの出題傾向をつかむことが出来ます。

 

 

かといって、最初から介護福祉士の

 

過去問題ばかりを解くのはお勧めできません。

 

 

ある程度勉強が進んだところで、

 

模擬試験のつもりで活用するのが望ましいと思います。

 

 

また、介護保険が導入されてからは、

 

出題される問題の傾向もかなり変わっています。

 

 

介護福祉士の過去問題だからといって、あまり古い問題に挑戦すると、

 

自分の勉強した内容と違う答えになることもあります。

 

 

介護福祉士試験の過去問題は、

 

4〜5年前のものから利用するといいでしょう。

 

 

ただし、法律の改正もその間には行われていますから、

 

注意することです。

 

 

介護福祉士試験の過去問題は、

 

その解答と詳しい説明が記載されているものが、一番のお勧めです。

 

 

答えだけが載せられていても、

 

どうしてそうなるのかがわからなければ、

 

ただの添削でしかありません。

 

 

介護福祉士試験の過去問題を解いて、おかしいな、と感じる部分は、

 

教科書を開いて、確実に調べましょう。

 

それだけでも、かなり良い勉強になりますよ。

 


太陽光発電光熱費